ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗(ショップ)案内 販売店の営業案内 | ファッションブランドチャンネル(Fashion Brand Channel)

ファッションブランドチャンネル(Fashion Brand Channel)

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗・ショップ案内

都道府県から店舗・ショップを探す

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗・ショップ案内です。最寄駅、店舗までの行き方、地図、営業時間、定休日などを掲載。

タイプから店舗・ショップを探す

キーワードから店舗・ショップを探す

 

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)とは

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)は1968年、デザイナーのラルフ・ルーベン・リフシッツ(Ralph Rueben Lifshitz)が自らの名前をつけて立ち上げたブランド。 通称は「ラルフ」や「ポロ」で、高級メンズスーツやポロシャツなどが有名。ラルフローレンが目指すのは、上流階級の持つ、アメリカン・トラディショナルスタイル。 ラルフ・ロ…

»ラルフ ローレンのブランド情報

ピックアップ!ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗案内(行き方・営業時間・定休日など)

全国にあるラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗・ショップ案内です。店舗までの地図、行き方、営業時間、定休日などの情報を提供しています。

東京都内のラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗案内(行き方・営業時間・定休日など)

東京都内にあるラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗・ショップ案内です。店舗までの地図、行き方、営業時間、定休日などの情報を提供しています。

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)関連情報

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)関連ブランド

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の店舗(ショップ)情報です。
ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の取り扱い店舗、ショップ情報、営業時間や、地図、アクセス方法など、ラルフ ローレン(Ralph Lauren)に関する様々な情報を掲載しています。
ブランド総合、バッグ、シューズ、時計、アイウェア、アクセサリー、ニット、帽子、シャツ、ドレス、ジーンズ、スポーツ、ストリート・カジュアル、コスメ、インナー・下着、雑貨・小物などを扱うラルフ ローレンの情報をなんでも掲載します。ラルフ ローレンの発祥国は、アメリカ。
ラルフ ローレン(Ralph Lauren)は全国に45店舗を構え東京都内は11店舗。銀座、表参道、丸の内、原宿などに店舗があります。
また、千葉県に3店舗、埼玉県、栃木県に店舗があります。
東京近郊だけでなく関西地区では、滋賀県に3店舗、京都府に1店舗、大阪府に1店舗、兵庫県に1店舗、和歌山県に1店舗あります。
その他、北海道、宮城県、新潟県、静岡県、愛知県、三重県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、沖縄県にもあり、全国幅広く店舗が存在します。
またインターネットのオンラインショップもあります。
ブランドの歴史やファッションニュースも随時配信しています。
※ファッションブランドチャンネル(以下、FBC)が取得している情報は、弊社が確認した時点のものです。データの正確性には細心の注意を払っておりますが、内容を保障するものではありません。店舗が既に移転していたり、ブランドアイテムを取り扱っていなかったりする場合も御座います。当サイトの文章・情報等に基づいて被ったいかなる被害についても、FBCは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

【おまけコラム-10】ワードローブを充実させてファッションを楽しもう!

ブランド服をたくさん持っていることがファッションを楽しむうえで必ずしも重要というわけではありません。ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の中にもたくさんの可愛いアイテムがあると思います。ただどんどん新しい服を増やしていくよりも、パーソナルカラーを決めて、そのうえでパターンを増やせるようになるとファッションがもっと楽しくなります。例えば白をパーソナルカラーとする場合、白シャツにあうコーディネートが複数パターンできるようなファッションブランドのアイテムを揃えておきましょう。単品で好きなブランドアイテムも、ワードローブの中にあるものと上手く合わせられないと、着る頻度がどうしても減っていってしまいます。ファッションとしてお勧めなのはまず、ワンピースです。自分の好きな色、デザインのワンピースを選んでみましょう。ラルフ ローレン(Ralph Lauren)の中からも色々探してみましょう。好きなブランドの中から選ぶとなお楽しいですよ。ワンピースはシルエットが一般的で他のものと合わせやすいので、良いです。もともと色が統一されているため、そこに何か足してもファッションを大きく外すことは少ないです。このように少しずつ自分のブランドのワードローブを充実させていくと、ファッションを楽しむコツがわかってくると思いますよ。

新着バーゲンセール・クリアランス情報

新着ファミリーセール情報

ファッション雑誌 最新号