三井アウトレットパーク入間(Mitsui Outlet Park Iruma)の店舗情報、地図・営業案内 | Fashion Brand Channel(ファッションブランドチャンネル)

ファッションブランドチャンネル(Fashion Brand Channel)

ブランド登録数:15,790 件|店舗登録数:112,763 件

 

三井アウトレットパーク入間(Mitsui Outlet Park Iruma)

三井アウトレットパーク入間(Mitsui Outlet Park Iruma)の店舗・ショップ案内

店舗名 三井アウトレットパーク入間(Mitsui Outlet Park Iruma)
セールバーゲンセール・ファミリーセール開催中!
電話番号04-2935-1616
住所 埼玉県入間市宮寺3169-1  地図・アクセス方法・最寄駅などはこちら
最寄駅
店舗種類 アウトレットモール
取扱ブランド
bookmark

三井アウトレットパーク入間のインショップ

取り扱いブランド紹介

ラルフ ローレン(Ralph Lauren)  ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)は1968年、デザイナーのラルフ・ルーベン・リフシッツ(Ralph Rueben Lifshitz)が自らの名前をつけて立ち上げたブランド。 通称は「ラルフ」や「ポロ」で、高級メンズスーツやポロシャツなどが有名。ラルフローレンが目指すのは、上流階級の持つ、アメリカン・トラディショナルスタイル。 ラルフ・ロ…

»ラルフ ローレンのブランド情報

ジェイ ブランド(J BRAND)  J Brandは、米国ロサンゼルスに本社を置く、メンズ、ウィメンズのプレミアム・デニムを中心に展開するリーディングカンパニーです。2005年に現CEOであるジェフ・ルーズ氏によって設立されました。独自のデニム素材を開発し、「ミニマルで洗練されたデザイン、美しいシルエット、フィット感の良さ」により高い支持を得ています。プレミアム・デニムに加えて、2012年春…

»ジェイ ブランドのブランド情報

リーボック(Reebok)  リーボック(Reebok)は、1900年イギリスで誕生したスポーツシューズのブランド。 1900年イギリスにて誕生したJ・Wフォスター社が1958年に社名をリーボック(Reebok)に変更。 Reebokはアフリカのガゼル(サバンナに生息する鹿のような見た目で俊敏な動物)の名前が由来。 イギリスのランナーであったジョゼフ・ウィリアム・フォ…

»リーボックのブランド情報

アルフレッドバニスター(Alfredo BANNISTER)  アバハウス(英文表記:ABAHOUSE)は、株式会社アバハウスインターナショナルが運営するファッションブランド。丸井、パルコ等に数多く出店している。

»アルフレッドバニスターのブランド情報

ビームス(BEAMS)  ビームス(BEAMS)は1976年に創業した、輸入及びオリジナルの衣料品や雑貨を販売するセレクトショップである。また、ビームスが展開するオリジナルの衣料品や雑貨のブランドでもある。2007年3月現在、国内74店舗、海外5店舗(香港)。

»ビームスのブランド情報

三井アウトレットパーク入間(Mitsui Outlet Park Iruma)の店舗について

291295オムのブランドアイテム等を扱う三井アウトレットパーク入間は埼玉県入間市宮寺3169-1三井アウトレットパーク 入間にある店舗です。店舗種類はアウトレットモールです。 近くには 三井アウトレットパーク入間、三井アウトレットパーク、入間アウトレットパークなどのビルがあります。 詳細地図はこちらから見ることが出来ます。 291295オムの取り扱い店舗は、全国に73件登録されており、埼玉県の店舗数は5です。(ファッションブランドチャンネル登録数) 店舗によって取り扱うアイテム数などが異なる場合もありますので、お目当てのアイテムがある場合、店舗の電話番号(04-2935-1616)に在庫確認をすることをお勧めいたします。

三井アウトレットパーク入間の近隣にある店舗

[表示]: 店舗(ファッション)

半径100m以内の店舗

半径2km以内の店舗

半径5km以内の店舗

三井アウトレットパーク入間(Mitsui Outlet Park Iruma)について
Fashion Brand Channel(ファッションブランドチャンネル)では、埼玉県入間市にある三井アウトレットパーク入間(Mitsui Outlet Park Iruma)の店舗情報を掲載しています。店舗案内、地図(マップ)、営業時間などの情報を掲載しています。またタイムセールやバーゲンセールなどの情報も随時掲載していく予定です。
※ファッションブランドチャンネル(以下、FBC)が取得している情報は、弊社が確認した時点のものです。データの正確性には細心の注意を払っておりますが、内容を保障するものではありません。店舗が既に移転していたり、ブランドアイテムを取り扱っていなかったりする場合も御座います。当サイトの文章・情報等に基づいて被ったいかなる被害についても、FBCは一切責任を負いかねますので予めご了承ください。

日本全国のアウトレットモールについて

もともとアウトレットとは、1980年代にアメリカの流通業界で在庫処分を目的に、各ブランドメーカーの衣料品やジュエリー・アクセサリーを販売する店舗が出現したのが始まりです。
処分が目的のためあまり大々的なものではなく、ブランドの倉庫であったり、工場であったり、片隅で行われていました。このような店舗をアウトレット・ストアと呼んでいました。
日本ではアウトレットは中古品のことで、また、アウトレットは規格外品や展示されたものなどの意味合いでも使用されており、これらを販売する複数のブランドメーカーの店舗を一か所に集約して出来たものをアウトレット・モールと呼ぶようになりました。そのため複数のブランドメーカーが揃っているので、利用客は一か所で自分の好みのファッションを購入できるメリットがあり、またファッションブランドとしても、アウトレットモールの集客力が大きなメリットとなっています。

日本での始まりは、諸説ありますが、昭和60年(1985年)につくば万博が開催された跡地を再利用して作られたショッピング・モールが最初と言われています。現在は全国のアウトレットモールは約35か所以上に存在します。
アウトレットモールは非常に人気があり、現在も全国にオープンされ続けています。またファッションブランドの販売のほか、家族連れや団体客のために飲食店などのフードコート施設を構えることが多いのも特徴です。
さらに、アウトレット・モールのほとんどは、郊外や観光地に設立されており、高速道路や幹線道路沿いにあることが多いです。あみプレミアム・アウトレット等は、専用道路が高速道路のインターチェンジと直結されており、このタイプも近年増えてきています。これは通常のファッションブランド店舗が比較的少ない地域にアウトレットモールを立地することで、広範囲から一定の購入客を集めることと、アウトレットの低価格を維持するため、土地の安い場所を使用する目的があります。

ファッション雑誌 最新号